ペニトリン ペニトリンマックス ペニブースト ペニブーストプレミアム ペニ4兄弟の中で一番優秀なのはどれだ!?

2019年3月にリニューアルして登場したペニブーストプレミアム。
前身商品はペニブーストですが、このペニブーストにはさらに前身のペニトリンマックスという商品があります。
さらにさらに、ペニトリンマックスはペニトリンという商品のリニューアル商品。
つまり、ペニブーストプレミアムはペニシリーズの4代目ということ。
ペニシリーズはどのような進化を遂げてきたのか。
ペニシリーズの歴史を紐解くことで、ペニブーストプレミアムの効果を解明していきたいと思います。

ペニシリーズ比較一覧

名称 ペニトリン ペニトリン
マックス
ペニブースト ペニブースト
プレミアム
商品画像
発売時期 2016年 2017年 2018年 2019年3月
価格 1本:8,200円
2本:16,000円
3本:24,000円
1本:8,200円
2本:16,000円
3本:24,000円
1本:8,200円
2本:16,000円
3本:24,000円
1本:11,550円
2本:22,470円
3本:32,980円
内容量 60粒 60粒 60粒 60粒
成分数 7種類 9種類 11種類 82種類
シトルリン配合量
1粒
260mg 700mg 780mg 1,000mg
アルギニン配合量
1粒
140mg 260mg 260mg 300mg

ペニブーストプレアムまでの変更点

上記の比較一覧を元に1つずつ細かく見ていきましょう。

ペニブーストプレミアムで価格上昇

ペニシリーズの初代ペニトリンから3代目のペニブーストまで販売価格に変更はありませんでした。
しかし、4代目、最新のペニブーストプレミアムでは大幅に価格が上昇しています。
それまで1本8,200円だったのが11,550円と約3,000円と上昇。
2本では16,000円だったのが22,470円で約6,000円の上昇。
3本になると24,000円だったのが32,980円で約9,000円の上昇。
こうして見ると1本に付き約3,000円上昇し、購入本数が増えるとそのまま6,000円、9,000円と比例して高くなっていますね。

その価値分だけの進化をしている、ということなのでしょうか。
それは成分に関する項目を見ればわかります。

ペニブーストプレミアムまで内容量は変更なし

初代ペニトリンから4代目ペニブーストプレミアムまで内容量は変わらず60粒のままです。
これが吉とでるか凶とでるか。
成分を見ていきましょう。

ペニブーストプレミアムは初代から比べると成分数が約12倍に進化

初代ペニトリンでは成分数はわずか7種類
このときの成分はシトルリン、アルギニン、亜鉛、ポリフェノールそしてカルシウム。
それに加えてペニス増大には関係ない成分として結晶セルロース、二酸化ケイ素が配合されています。
2019年現在の人気のペニス増大サプリの成分数と比べると話にならないほど少ないですね。

2代目ペニトリンマックスでも増えたのはたった2種類で全9種類
増えた2種類はトンカットアリとプロポリス抽出物
トンカットアリが配合されたことでようやくペニス増大サプリらしくなってきました。
依然として成分の少なさは否めませんが。

3代目ペニブーストでも増えたのは2種類だけで全11種類
しかも増えたのはペニス増大にまったく関係ないデキストリンとゼラチン。
その点を見るとペニトリンマックスからペニブーストへの進化はほとんど無いように思えます。

ここまでは進化らしい進化とは正直言えません。

しかし、最新の4代目ペニブーストマックスでは初代ペニトリンの7種類から約12倍の82種類と圧倒的に増えました。
ペニブーストからの比較でも73種類増加となっています。
増えている成分はニンニクバイオペリンマカなど天然系成分の他に、赤マムシ肝臓コブラすっぽん卵などこれまで配合されていなかった動物系の成分も配合されるようになりました。
ここでやっと正統な進化と呼べる進化をしている気がします。
また、これだけの成分が増えているのであれば価格が上昇しているのも納得できそうですね。

ペニブーストプレミアムは初代から比べるとシトルリン量が約4倍に進化

ペニス増大サプリには必ず配合されているのがシトルリンとアルギニン。
そのうちのひとつのシトルリンの配合量ですが、ペニトリンでは260mgとなっています。
2019年でもこの量のペニス増大サプリは存在するのですが、比較的少ない方という印象です。

2代目のペニトリンマックスでは一気に700mgまで増加しました。
時代背景的にもここらへんからシトルリンの重要性というのがペニス増大サプリ業界に出てきたのだと思います。

3代目のペニブーストでも配合量は増えていますが780mgでペニトリンマックスからでは80mgしか増えていません。
成分数のときと同様、やはりペニトリンマックスからペニブーストへの進化はあまり進化と呼べ無さそうです。

しかし、最新のペニブーストプレミアムでは大台4桁の1,000mgになりました。
1粒に1,000mgのシトルリンを配合しているペニス増大サプリは2019年でも数少ないのでこれはペニブーストプレミアムの特徴の1つと言えます。
ペニブーストまでは商品の特徴らしい特徴がありませんでしたが、ここで初めて商品としての売りができたような感じがします。

ペニブーストプレミアムは初代から比べるとアルギニン量が約2倍に進化

先程の述べたように、アルギニンもシトルリンと同じくペニス増大サプリに必要な成分のひとつ。
初代ペニトリンでは140mg
このときのスペックから考えると妥当かな、という印象です。

2代目ペニトリンマックスでは120mg増加の260mg
これで初代ペニトリンのシトルリン配合量と同等になりました。

3代目のペニブーストではなんと変化なし
ここまで成分数、シトルリン量でもペニトリンマックスからペニブーストの進化は進化らしさがありませんでしたが、やはりまったく進化していなかったことがわかりました。

そして4代目の現行商品のペニブーストプレミアムでは300mg
成分数がかなり増えていること、シトルリン量が1,000mgであることを考えるとこれだけの量を確保しているのは優秀ではないかと思います。

ペニブーストプレミアムの進化まとめ

初代ペニトリンから比べると圧倒的な進化を遂げたペニブーストプレミアム。
ここに到達するまでペニトリンマックスからペニブーストでは進化がほとんど見受けられない、言い換えれば不誠実なときもありました。
しかし、ペニブーストプレミアムではしっかりと進化を成し遂げ、秀逸なペニス増大サプリといえる商品になっていると思います。

ペニブーストプレミアムのおすすめ度:★★★★☆

ペニブーストプレミアム公式サイトへ行く

他にも進化したペニス増大サプリがある!

進化しているペニス増大サプリはペニブーストプレミアムだけではありません!
2019年になってリニューアルして新発売となったのがヴォルスタービヨンドブラストBRAVION S.(ブラビオンS)の2つです。
特にBRAVION S.(ブラビオンS)の進化内容はペニブーストプレミアムに通ずるところがあり、ペニブーストプレミアム同様におすすめできるペニス増大サプリです。

ついでにBRAVION S.(ブラビオンS)の進化内容も紹介します。

ブラビオンシリーズ比較一覧

名称 ブラビオン BRAVION S.
(ブラビオンS)
商品画像
発売時期 2017年 2019年5月
価格 1本:12,800円
2本:24,550円
3本:34,560円
4本:41,800円
5本:47,760円
1箱:12,800円
2箱:24,550円
3箱:34,560円
4箱:41,800円
5箱:47,760円
内容量 90粒 90粒
成分数 7種類 66種類
シトルリン配合量
1粒
1,000mg 1,000mg
アルギニン配合量
1粒
1,000mg 100mg

BRAVION S.(ブラビオンS)までの変更点

上記の比較一覧を元に1つずつ細かく見ていきましょう。

ブラビオンシリーズを通して価格変更は無し

ブラビオンからBRAVION S.(ブラビオンS)へ進化しましたが、価格の変更はありませんでした。
これは価格変更からの買い控えを懸念しての変更なしなのか、それとも本当はほとんど進化していないからなのか。
その真相は成分を見ればわかります。

ブラビオンシリーズは内容量の変更も無し

ブラビオンからBRAVION S.(ブラビオンS)に進化する際に価格の変更がなかったのと同様に内容量も変わらず90粒を維持しています。
これがいいことなのか、よくないことなのか。
それを知るためにも成分を見ていきましょう。

ブラビオンからBRAVION S.(ブラビオンS)で一気に60種類近く成分増量

ブラビオンの成分数はたったの7種類でした。
シトルリン、アルギニン、マカ末、赤ガウクルア末、ビール酵母、ガラナ末、トレハロースの7種類です。
そしてこの中でトレハロースは特にペニス増大に関係の無い成分なので実質6種類ということになります。
これでは正直ペニス増大サプリと言えない気がします。

しかし、最新版であるBRAVION S.(ブラビオンS)では一気に60種類近く増加し66種類の成分が配合されています。
増えた成分はニンニクトンカットアリヒハツバイオペリンなどの植物系成分だけでなく、亜鉛などのミネラル系成分も増えています。
さらに、ブラビオンではなかった動物系成分も追加されコブラスッポンが配合されるようになりました。

これだけの成分増加は正統な進化と呼ぶしかない内容です。
また、これだけの成分が増えていながら価格に変更がない点は非常に素晴らしいと思います。

ブラビオンからBRAVION S.(ブラビオンS)でシトルリン量に変化なし。濃縮度はアップ

ブラビオンには1粒1,000mgのシトルリンが配合されていました。
これはブラビオン発売当時、ペニス増大サプリの中で1番多い配合量でした。
ただし、ブラビオンでは10倍濃縮したシトルリンを使用していたので実際に配合されていたのは1,000mgに相当する100mgのシトルリンでした。

BRAVION S.(ブラビオンS)に進化した際にシトルリンの量は変化がありません。
1,000mg相当のシトルリンが配合されているままです。
しかし、濃縮度が進化して100倍濃縮になっています。
つまり1,000mgに相当する10mgのシトルリンが配合されているということです。

これはとても大きな進化と呼べます。
シトルリン100倍濃縮することで1,000mgのシトルリンを配合するのにたった10mgでいいようになったのです。
それにより先程紹介した約60種類の成分を配合するスペースが生まれているのです。

ブラビオンからBRAVION S.(ブラビオンS)でアルギニン量は10分の1に減少

ブラビオンではシトルリン同様、アルギニンも10倍濃縮したものが採用されて1,000mg相当配合されていました。
これもシトルリン同様、ペニス増大サプリの中で1番の配合量でした。

しかし、BRAVION S.(ブラビオンS)では濃縮されたアルギニンが使われなくなりました。
そして、配合量も1,000mgから100mgへと減量してしまいました。
成分数の増加具合を見ると仕方のない変更のように思えますが、この部分だけは退化してしまったと言わざるを得ませんね。

BRAVION S.(ブラビオンS)の進化まとめ

ブラビオンと比較すると圧倒的に成分数が増えたBRAVION S.(ブラビオンS)
一部退化ともとれる内容の変更もありますが、それは大きな進化をするための前向きな退化。
海の生物が陸に上がる際にエラ呼吸を放棄したのと同じです。
そして陸に上った生物はそこからさらに進化をし、今、人類となっているわけです。
なにか大きなものを得るにはなにかを失わなければならないのです。
その勇気ある判断を下し、そしてそれを隠すことなく公表しているのは正直で誠実な証!
BRAVION S.(ブラビオンS)、おすすめです!

BRAVION S.(ブラビオンS)のおすすめ度:★★★★★

BRAVION S.(ブラビオンS)公式サイトへ行く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする